製材所のお仕事 冬 @岐阜県郡上市 白鳥林工

木や森のこと, 木や森の仕事, 白鳥林工協業組合

こんにちは。岐阜 長良(ながら)杉を担当している白鳥林工(しろとりりんこう)です。

早いもので2月も後半に突入です。

ここ最近の暖かさと降雨によって、弊社工場周辺の雪はすっかり融けてしまいました。

「クリスマス寒波が・・・」と言っていたのが遠い昔のようですが、わずか2カ月前のこととは。

 

皆さんの周辺に、森林はありますか?

ぐるりと森林に囲まれた我が郡上(ぐじょう)市。森林率は約90%に達します。

多面的機能を持ち合わせている森林の機能として、木材の生産・水源涵養・環境保全等々ありますが、もっとも身近なものとしてレクリエーション機能があるのではないでしょうか。

登山、森林浴、最近ではキャンプも人気ですね。

 

ここ郡上市、特に奥美濃と呼ばれる地域の冬のレジャーといえば、スキー・スノーボードは外せません。

今冬も県外ナンバー、特に関西方面からのお客様が沢山来訪されていました。

オリンピック選手が練習に訪れる事もあり、地元のスキー場がメディアで取り上げられる嬉しくなりますね。

 

スキー場には恵みの雪ではありますが、こと製材所の立場からすると厄介者なのです(と言っている時点で自分勝手なのですが、ご容赦くださいね)。

 

構内の除雪はもちろんですが、雪下ろしも大事な作業になります。

 

頑丈に作られている鉄骨の建物も、積雪が多くなるとやはり心配になります。

建物や機械に被害がでないうちに、早め早めの雪下ろしをしなければなりません。

 

天然乾燥中の板の上に積もった雪も下さねばなりません。




一見少ないように見えますが、雨が降った後でしたので、ずっしりと重い雪でした。

山が倒れてしまうと、その後の復旧に余計に時間が掛かってしまうので、こちらも早め早めの雪下ろしをしなければなりません。

雪が積もらなければ、しなくても良い仕事。

「春になれば融けてなくなるのに」と思うと複雑な心境ではあります。

一方で、雪という形で山に水を蓄えておくという面(一種のダム?)もありますので、適度に降って積もって融けて、というサイクルは大切だなぁと思います。

 

暖冬と言われるシーズンでもない限り、1シーズンに1度は雪下ろしをしていますが、僅か10年前と比べても、積雪量はぐっと減っています。地球温暖化と言われる影響でしょうか。ちなみに今年の雪下ろしは、5.5人工かかりました。

 

もくわく仲間である、奈良の吉野中央木材さん、兵庫のシェアウッズさん、福岡の八女流さん、そして岐阜。

それぞれの地域の気候風土にまで思いを巡らせて頂けると、「もくわく」をもっと身近に感じて頂けるのではないかと思い、ちょっと脱線気味にはなりますが書かせて頂きました。

 

さて、数本前のブログで紹介して頂いた、白鳥林工のYouTubeチャンネル。

https://mokuwaku.jp/20230112/

 

この度、ようやく「木材加工部編」をアップしました。

製材・乾燥・加工と、「もくわく」・「もくわくてんばん」が出来るまでの工程が全て詰まっています。



https://www.youtube.com/watch?v=Jg4CRC-LDc4

 

動画を通して、より身近に感じて頂けると嬉しいです。

 

先人が育てた木を使わせて頂き、後世の為に木を残す。

持続可能な資源としての木材を、木が持つ本来の魅力をそのままに皆さんのところにお届けする、という想いで白鳥林工は日々の事業を行っています。

 

白鳥林工協業組合 石ヶ谷



関連記事一覧

オンラインショップご購入はこちら